法律・士業|労災特別加入なら横浜のオールウィン社会保険労務士事務所

【無料の企業PR広告】
■該当件数2件 | <前へ | 1 | 2 |
TOP > 法律・士業 > オールウィン社会保険労務士事務所

労災特別加入なら横浜のオールウィン社会保険労務士事務所


オールウィン社会保険労務士事務所、所長の内山則仁と申します。
数年前から建設業の事業主への社会保険加入について厳しく取り締まれております。
社会保険加入しないと建設業の許可を得られなかったり、更新できなかったり、
国土交通省と日本年金機構が協力して厳しい対応を行っております。
建設業のお客様は必然的に加入しなければいけない状況となっております。
また、元請けの企業は下請け企業への労災加入促進を徹底してきております。
労災に加入していない事業主は現場には入れないという状況が発生しております。
下請け企業はどうすればよいのか?
基本的に企業としては完全下請けであれば労災の加入義務はございません。
もし仮に労災事故が起きれば、元請け企業の労災を使うのが原則だからです。
ただし、下請けの事業主が現場に入る場合には元請けの労災を使えません。
この場合、下請けの事業主や個人事業主は、労働保険事務組合の特別加入を利用して
労災保険に加入することができます。
基本的には、社会保険労務士にご相談の上、社会保険労務士と労働保険事務組合を
とおして加入する流れとなります。
詳しいことは省きますが、この手続きで加入すれば元請け企業も認めてくれます。
当事務所では労働保険事務組合と提携しておりますので、もしそういったお悩みや
ご相談があればお気軽にご連絡ください。